ちょい投げ釣りとはどんな釣り?基本を知ろう

ちょい投げ釣りとはどんな釣り?基本を知ろう

ちょい投げ釣りとは、名前の通り30mくらいの短い距離をちょいと仕掛けを投げて、カレイやシロギスなどを釣ってしまう釣り方です。

 

ちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りの仕掛けとしてはこんな感じです。

 

簡単です。

 

本格的な投げ釣りは陸から100mやベテランになると200m以上も仕掛けを遠投して釣る釣り方です。

 

ただ、200m以上も仕掛けを飛ばすには道具も専用の投げ釣り用を揃える必要がありますし、飛ばす技術も必要になります。

 

そんな投げ釣りを、もっとお手軽に初心者から楽しめる釣り方がちょい投げ釣りなのです。

 

仕掛けはオモリ付きのテンビンに市販の仕掛けをセットするだけの、超シンプルな仕掛けになります。

 

釣り方も解りやすくシンプルなので、初心者に人気の釣り方になります。

ちょい投げ釣りの対象魚は?

ちょい投げ釣りの主な対象魚は、カレイとシロギスがメインターゲットになります。

 

他にはハゼやベラ、メゴチなども釣れますが、いずれも海底付近に生息しているお魚が対象になります。

 

ちょい投げ釣りは海底付近を生息しているお魚を狙うので、海底が岩になっている岩礁帯やまたは海藻の多い場所は根掛かりが起こります。

 

よって、そのような根掛かりして仕掛けが無くなる場所は初めは避けた方が良いです。

 

始めは根掛かりのほとんどしない砂地を攻めましょう。

 

慣れてきてから砂地以外の場所も攻めてみると、他のお魚も釣れる楽しみがあります。

ちょい投げ釣りの仕掛けの特徴

ちょい投げ釣りの仕掛けの特徴としては、海底に棲むお魚を狙うので、仕掛けは海底にハリを這わせるようにします。

 

つまり、オモリよりも下にハリが付いている仕掛けになります。

 

と、言って難しく考えなくても、市販の仕掛けでちょい投げ仕掛けで売っているので大丈夫です。

 

また、ちょい投げ釣りは仕掛けを投げるので、この時に仕掛けが絡まないようにする必要があるので、ちょい投げ釣りではテンビンというタイプのオモリを使います。

 

道糸と仕掛けをテンビンオモリを挟んで繋げるのです。

 

そして、ハリの数は1本もありますが、通常は2本か3本バリのものを使います。

ちょい投げ釣りの仕掛けの選び方

竿

 

ちょい投げ釣りの基本の仕掛けは、竿は投げ竿の15号から20号くらいで長さは3〜4mくらいを選びます。

 

投げ竿には表示があって、〇号と〇mと表記があります。

 

この〇号というのは竿の硬さを表していて、数字が大きくなるほど硬くなります。

 

これは号数と言いますが、この号数はその数字のオモリを使うと丁度良いよという意味になります。

 

つまり、15号から20号の表示であれば、15号から20号のオモリを使うと丁度良い竿だよという意味です。

 

そして〇mはそのままの意味で、竿の長さを表します。

 

竿は硬いほど遠投が出来ますが、それだけ操作性は難しくなります。

 

また、ちょい投げでは遠投をする必要もないので、15号から20号くらいが扱いやすい竿になります。

 

リール

 

リールは基本のスピニングリールを使います。

 

スピニングリールには、投げ釣り専用のリールもありますが、これもちょい投げ釣りでは必要はないです。

 

通常のスピニングリールであれば、サビキ釣りなどにも使えるので、投げ釣り専用のリールは必要はないです。

 

道糸

 

これも本格的な投げ釣りでは、力糸という糸を使ったら、投げ釣り専用の道糸を使いますが、ちょい投げ釣りではナイロンの3号でOKです。

 

テンビン

 

そしてちょい投げ釣りでは、L型テンビンという天秤オモリを使います。

 

ちょい投げ釣りでは場所によりますが、5号から12号くらいの軽めを使います。

 

仕掛け

 

あとは市販のちょい投げ仕掛けをテンビンの下に付けるだけです。

 

ちなみに、L型テンビンで根掛かりが多い時には、巻き上げの時に浮きやすいジェットテンビンがおススメです。

ちょい投げ釣りの釣り方手順

ちょい投げ釣りの釣り方手順を案内します。

 

@ちょい投げ釣りの仕掛けをセットする

 

Aエサはイソメ類かゴカイなどの虫エサが一般的です。しかし気持ち悪るくて無理と言う人は、人口エサかオキアミを使います。

 

Bリールのベールを開いてラインを押さえながら竿を身体の後ろに構えて、前方の振り出します

 

C仕掛けが着底したらベールを戻します

 

Dラインが張るくらいまでリールを巻いておきます

 

Eラインが張った状態でアタリを待ったり、または少しずつゆっくりと巻いてきます

 

F仕掛けが近くなったらまた投げるを繰り返します

 

ちょい投げ釣りは難しい釣り方ではないので、ぜひチャレンジしてみましょう。

トップへ戻る