トリック仕掛けの釣り方!サビキ釣りとトリック仕掛けで鬼に金棒?

トリック仕掛けの釣り方!サビキ釣りとトリック仕掛けで鬼に金棒?

トリック仕掛け釣りとはどんな釣り?

 

トリック仕掛けはサビキ仕掛けに食って来ない時に使いたい仕掛けで、サビキ仕掛けで食ってこない時でもトリック仕掛けなら食ってくる事が多々ある釣り方です。

 

トリック仕掛け

トリック仕掛けはどんな仕掛けなのかというと、上の画像を見てもらえばわかりますが、基本はたくさんのハリが付いていて、釣り方はサビキ釣りと同じ釣り方になります。

 

とは言っても、サビキ仕掛けとの違いは、擬餌針を使っていないところです。

 

サビキ仕掛けは擬餌針というニセのエサを使いますが、このトリック仕掛けはニセのエサではなく、お魚を寄せる為の撒きエサのコマセと同じエサをハリに付けるのです。

 

ニセのエサではなく、食わせる為のエサを付けるので、ニセのエサのサビキ仕掛けよりも釣れるのです。

 

その分、エサを付ける手間は増えるので、効率的に釣れるサビキ仕掛けで食ってくるなら、サビキ仕掛けの方が分があるのです。

 

でも、ニセエサのサビキ仕掛けで食って来ない時には、このトリック仕掛けが最大の威力を発揮するのです。

 

サビキ仕掛けでは全然食ってこなかったお魚さんたちが、トリック仕掛けにした途端に爆釣という事も珍しくないのです。

 

そんなパワーを持つのがトリック仕掛けなのです。

 

トリック仕掛けの方がエサを付ける手間が掛かると書きましたが、安心してください。

 

そんな手間も何のそのと思えるエサの付け方があるからです。

 

それも段々と解説していきます。

トップへ戻る