サビキ仕掛けはいろいろあるぞ!こんな仕掛けを持って行こう

サビキ仕掛けはいろいろあるぞ!こんな仕掛けを持って行こう

サビキ仕掛けと一口に言っても、色々な素材やカラーの違い、大きさの違いなどがあります。

 

素材はスキン、魚皮、ビーズ、ウィリー、ワームなどがありますし、カラーはピンクは蛍光イエローやグリーン、ホワイトなどもあります。

更に大きさは、ハリの大きさで号数で表示されて数字が大きくなるほどハリが大きくなっていきます。

 

ハリが大きくなるという事は、大きなお魚が釣れるという事なので、比例してラインの太さも太くなります。

 

不思議な事にお魚は色を認識できるのです。色を認識というとちょっと違うかも知れませんが、事実として

 

『今日はピンクで食ってくるけどグリーンは全然食ってこない』

 

『朝マズメは蛍光グリーンになぜか大きなメバルがヒットしてくる』などがあるのです。

 

天気や潮の濁り具合などによって、その場所、その日、その時によって食ってくるサビキの素材やカラーが違うのです。

 

これはルアー釣りでも、ルアーのカラーによって全然反応が違ってくるので、お魚が色を認識しているかどうかは解りませんが、色によって食って来る来ないがあるのは事実なのです。

 

なので、サビキ仕掛けでも数種類の仕掛けを用意して、その場所、その時に釣れる仕掛けで釣る事が大事なのです。

 

ちなみに、どんなサビキ仕掛けがあるのか、一度楽天市場でも見てください。

 

こんなに種類があるのかとビックリするはずです。

 

サビキ仕掛けの選び方は調査から!

サビキ仕掛けの選び方は、その場所、その時に釣れるお魚さんに合わせるのが基本です。

 

自分が『今日はこの仕掛けに食ってきて〜』と思っても、お魚さんが食い気を起こす仕掛けで無ければ釣れません。当たり前ですが、お魚さんが食ってくる仕掛けに合わせるのです。

 

なので、まずは事前にネットなどで自分が行こうと思っている釣り場で、何が釣れてどれくらいのサイズがアベレージなのかを調べておきます。

 

狙うお魚の大きさや種類によって、仕掛けを使い分ける方が釣果を上げる事ができるからです。

 

基本1

仕掛け選びは自分の好みではなく、釣れているお魚さんに合わせる

という事です。

 

もし事前に解らなくても大丈夫です。釣り場に着いたらすぐに釣りの準備をして釣りたくなるものですが、ここはグッと我慢してまずは現場調査からです。

 

防波堤に釣りに行くと、だいたいは先に釣りをしている人がいるはずです。

 

その中でも、地元の人と見受けられる人や、ベテラン釣り師だと思う人に『おはようございま〜す。釣れていますか』と声を掛けてみましょう。

 

釣り場に入ったら挨拶をするのも基本ですが、この挨拶をする時に釣れているのかどうか?また今日はどんな仕掛けに食ってくるのかも聞いてみると良いのです。

 

釣れていれば、『今日は朝はピンクに食って来たけど段々と濁って来たから蛍光系の方が食ってきているよ』などと教えてくれるはずです。

 

知らない人に話すのが苦手なら、自分の釣り場に道具だけを置いて場所を取っておいて、それから釣れている人の後ろでしばらく眺めてみると良いです。

 

見ているだけでも、何色の仕掛けで釣っているのか?また釣れている人の仕掛けも見る事ができるからです。

 

釣り場に着いていきなり仕掛けの準備をするよりも、今日の釣れている仕掛けやカラーから始めた方が、断然釣りやすいのは当たり前ですね。

 

なので、サビキ仕掛けはいくつかの種類を持っておく方が良いのです。

 

お魚さんごとの仕掛け選び

仕掛けにはその対象となるお魚さんの名前が書いてあります。基本は狙いたいお魚さんの名前が書いてある仕掛けを選べば大丈夫です。

 

次は仕掛けの大きさですが、当たり前ですが大きなハリの仕掛けは大きなお魚用ですし、小さなハリは小物用です。

 

では、その見分け方は、仕掛けには号数があって、号数の数字が大きくなるほどハリが大きくなって、ハリスも太くなっていきます。

 

号数はお魚の大きさに合わせますが、アジの目安で言えば5cmくらいの豆アジは3号から4号、10pくらいの小アジは5号から6号、15cmから20cmくらいが7号から9号くらいです。

 

まずは4号と5号くらいを用意しておきましょう。

 

次は素材ですが、これも基本はスキンをメインにします。スキンには色々なカラーがありますが、一番のメインカラーはピンクです。

 

その理由は、撒きエサに使うアミエビがピンクなので、同色同調のその色と合わせるのが基本だからです。

 

他の素材ではハゲ皮という魚の皮を素材にしたものもありますので、このハゲ皮も用意しておきたい仕掛けです。

 

カラーを変えても反応が無い時に、素材自体を変えると釣れる事が多々あるからです。

 

ま、結論から言うと、4号・5号のスキンのピンクを基本として、カラー違いとハゲ皮を少し用意しておけば大丈夫です。

 

トップへ戻る