サビキ釣りの釣り方手順!まずはこの手順を覚えよう

サビキ釣りの釣り方手順!まずはこの手順を覚えよう

サビキ釣りを始める時に、基本となる釣り方の手順を案内しましょう。

 

基本のキですが、まずは基本の釣り方をマスターしましょう。

サビキ釣りの大事なコツは?

サビキ釣りの釣り方で大事な大事なコツがあります。

 

それは、仕掛けをコマセの煙幕の中に出来るだけ長く留めておくように釣る事です。

 

サビキ仕掛けの釣り方は、コマセを海中に拡散させてそのコマセに夢中に寄ってきたお魚を釣る釣り方なので、できるだけコマセの煙幕の中に仕掛けを留めておくのが釣果に繋がっていくのです。

 

どうすれば良いかというと、海は満ち潮引き潮で潮が右から左に流れたり、その反対に流れたりします。

 

なので、右から左に流れている時には、仕掛けを右に入れてゆっくりと左に移動させながら釣るのです。

 

それだけコマセの中に入っているので釣れる可能性が高くなります。

 

次に大事な事は、お魚には食ってくるタナがあるという事です。

 

このタナというのは、お魚が食ってくる層の事です。簡単にいうと海面近くの層で食ってくるのか、海底近くの層で食ってくるのかという事です。

 

このタナが1m違っていると食ってこなかったりするので、この食ってくるタナを探すことも大事なコツになります。

 

タナの探し方の基本は、釣り始めは海底近くから釣ってみて、アタリが無ければ段々と海面近くの浅いタナを攻めていくようにします。

 

攻め方としては、自分で狙ったタナでコマセを拡散させて、そのタナを攻めるのです。

 

なので、次はその攻め方ですが、基本は海底近くから攻めていくので、仕掛けを底に着くまで沈めていきます。

 

オモリが海底に着くと急に軽くなるので、そこが海底です。

 

海底にオモリが着いたら1mくらいリールを巻き上げます。つまり、オモリも海底から1mくらい上にあるイメージです。

 

そこで竿を大きくしゃくります。しゃくるとは、竿を急に大きく持ち上げる事で、こうする事でコマセカゴに入っていたコマセが一気に海中に拡散します。

 

このように、初めは海底から1mくらいを2回3回攻めて、アタリがなければ次は2mくらいを2回、3回攻めてみる。

 

また、アタリがなければ次は3mくらいと、食ってくるタナを探しながら釣るのです。

 

そして一匹釣れたら次も同じタナを攻める事で釣果が伸びていきます。

釣り方の手順は?

サビキ釣りの手順

 

@エサ入れから投入

 

コマセカゴにコマセを詰めますが、この時に満タンにするのではなく、7〜8分目くらいにします。

 

この方が良く拡散するからです。

 

釣り針には疑似針が付いているので、このままで大丈夫です。

 

利き腕で竿を持って、もう一方の手でコマセカゴを持ちます。そしてリールのベールを上げてゆっくりと投入します。

 

A投入から着底

 

投入したらコマセカゴにはオモリが付いているので、一気に沈まないようにゆっくりと沈めていきます。

 

ここでコマセが拡散しないようにします。

 

オモリの重さでピンと張っていた道糸がゆるんだらオモリが着底したので、ここでベールを戻して少しだけ巻きます。

 

50cmくらい巻き上げたところで、竿を大きくしゃくります。

 

イメージは仕掛けの下に付いているコマセカゴのコマセを拡散させて、そのコマセの煙幕の中に仕掛けを長く入れておくので、しゃくる時には少し上でしゃくって、仕掛けを下げるようにします。

 

また、潮が動いている時には、右から左や左から右に流れがあるので、竿の操作で仕掛けも流れに合わせて右から左やその逆にゆっくりと移動します。

 

少しでも長くコマセの煙幕と仕掛けを同調する事が釣果に繋がるからです。

 

Bアタリ

 

お魚がハリに掛かると、プルプルと手元にアタリが伝わってきます。

 

この時に慌てて巻き上げてはダメです。

 

強く巻き上げると口切れでバレてしまうので、軽く竿を上げる程度で、まずはしっかりとハリ掛かりさせてからゆっくりと巻き上げます。

 

また、お魚の活性が高い時は、しばらくそのままで待っていると、次から次に追い食いしてきます。

 

最初に掛かったお魚が暴れると、仕掛けを揺らして疑似針に動きを与えて、他のお魚も食ってくるからです。

 

サビキ釣りの魅力は何匹も釣れる鈴なりが嬉しいので、この少し待つというテクニックも見に付けたいところです。

 

ただし、ある程度のサイズにあるサバなどの時には一尾すつ巻き上げます。

 

大きいサイズのサバだと仕掛けが絡んでしまう為です。

 

C釣りあげたら

 

複数のハリに掛かった時には、上から外すとトラブルが少なく外せます。

 

また、ハリを外す時は、ハリを動かすのではなく、魚の方を動かした方が外しやすい。

 

D持ち帰り

 

25cm以上のお魚やサバなどは美味しく持ち帰る為には血抜きの締める必要があります。

 

ただ、25cm以下ならクーラーボックスに氷を入れて、そこに海水を少し入れておけば、あとは釣ったお魚を入れておくだけでも大丈夫です。

 

この方法を氷締めといいますが、小型なら氷締めで十分なので手返しよくドンドン釣る事ができます。

トップへ戻る