ウキサビキ釣りで釣果アップの大型狙いができる!

ウキサビキ釣りの基本で釣果アップの大型狙いができる!

ウキサビキ釣りとは、名前の通りサビキ仕掛けにウキをセットした仕掛けです。

 

基本はサビキ釣りと同じですが、ウキを付ける事で、遠くのポイントも狙う事が出来るのがメリットになります。

 

ウキサビキ釣り

 

ちなみにこの仕掛け図は、ささめ針(SASAME) ウルトラ簡単飛ばしサビキ(上カゴ式) です。

 

ウキを付けない通常のサビキ仕掛けは、竿の長さ分しか攻める事が出来ませんが、ウキを付ける事で数十メートル先も攻める事ができます。

 

狙える範囲が広がる事で、時期によっては岸の近くまでよって来ない時でも釣る事が出来ます。

 

サビキ用のウキが1個あると、釣果に大きな差がでることもあります。

 

ウキを付ける事で、潮に乗せて沖目を攻める事ができるので、思いっ切り飛ばしても届かないところまで攻める事ができます。

 

単純なですが、この攻める範囲が広がる事は、釣果に大きな差が出る可能性があるのです。

 

また、遠くの沖を狙う事で、大きな魚が釣れるチャンスも広がります。

ウキサビキ仕掛けの道具は?

通常のサビキ釣りとの違いは、遠くのポイントを狙うので、竿はノベ竿は使えないので、リール竿が必須になります。

 

また、ウキが必要です。

 

そしてカゴもウキサビキに使える上カゴを使い、下カゴの替わりにナス型や六角オモリが必要です。

 

ウキサビキ釣り

 

仕掛けとしては上から、ウキ、エサを入れるカゴ、その下にサビキ仕掛け、最後にオモリで仕掛けとしては完成なので簡単です。

 

連結部分には、サルカンも忘れずに!

ウキの号数とオモリはあわせる?

ウキの号数とオモリの号数は合わせます。

 

ウキには○号と表示があって、表示のオモリを付けると丁度イイよという意味なので、ウキとオモリの号数をあわせます。

 

多少の違いは大丈夫ですが、違いすぎてオモリが重過ぎると、ウキが沈んでしまいますし、軽すぎるとアタリが出にくくなります。

ウキサビキ仕掛けセットで?

初めての人は、仕掛けが全部セットになっているものがオススメです。

 

 

竿とリールがあれば、あとは道糸の先に結べばいいだけの仕掛けセットです。

 

サビキの仕掛け自体は一回限りの消耗品ですが、ウキやオモリは何度でも使う事が出来るので、そんなに割高感はありません。

 

仕掛けの作り方の参考にもなるので、初めての人にはオススメです。

 

自分で仕掛けを作る人は、サビキ用のウキ、カゴ、オモリがあれば、あとは通常のサビキ仕掛けだけです。

エサは?

エサはサビキ釣りと一緒で、冷凍アミエビか加工のアミエビを使います。

 

冷凍のアミエビは、釣り場近くの釣具屋さんで購入します。

 

ただ、加工のアミエビを準備した方が、釣具屋を探さなくていいですし、解凍をする手間もありません。

 

すぐに腐るものでもないので、予備としても加工アミエビは持って行く方が良いです。

 

サビキ釣りは、撒き餌が無くなると釣れない釣りなので、折角釣れ始めたときにエサが無くなると悲しすぎます。

 

エサは余分に準備しておくといいてすね。

 

しかも加工アミエビは、集魚効果が高い配合にもなっているのがあるのです。

 

加工アミエビは常温で問題がないので、何かと便利なエサになります。

 

おススメは、ハイパワーアミエビ!

 

⇒楽天市場でチェック!
⇒ヤフーショッピングでチェック!

トップへ戻る