ぶっこみ釣りの釣り方の基本とは?これなら釣れる?

ぶっこみ釣りの釣り方の基本とは?これなら釣れる?

ぶっこみ釣りとは、ハリとオモリだけが付いたとてもシンプルな仕掛けをポイントに投げ入れて、あとはお魚が掛かるのを待つような釣り方になります。

 

仕掛けを投げいれて待つような動作を表して、『ぶっこむ』というので、ぶっこみ釣りと言います。

 

釣り方はとてもシンプルなので、初心者にも簡単にできる釣り方です。

高級魚を狙おう

ただ、ここで紹介するぶっこみ釣りは、生き餌を使った高級魚狙いのぶっこみ釣りです。

 

サビキ釣りなどで小型のアジが釣れたら、そのアジを生き餌としてぶっこみ仕掛けにセットして、掛かれば大型の高級魚という釣りです。

 

サビキ釣りで小型の数釣りを楽しみながら、このぶっこみ釣りで大型も狙ってしまおうという釣りです。

 

こんな市販の仕掛けを使います。

 

ぶっこみ釣り

ぶっこみ釣りと投げ釣りの違い

ぶっこみ釣りと投げ釣りは良く似ていますが、違うところは狙うポイントです。

 

投げ釣りは遠くのポイントを狙う釣り方なので、飛距離が出るようにオモリは30号くらいの重さのあるオモリを使います。

 

竿とリールも飛距離が稼げるように専用のものを使います。

 

ぶっこみ釣りはというと、近くのポイントを狙うので投げ釣りのような遠投用の専用道具は必要ありません。

 

オモリも投げ釣りに比べれば軽いもので大丈夫です。

 

しかし、近く狙いでも大型を狙うので、竿はパワーのある磯竿が必要です。

ぶっこみ釣りの注意点は?

アジなどの生き餌を使ったぶっこみ釣りには注意が必要で、何が注意なのかというと、竿やリールを海に持っていかれないようにする事です。

 

アジなどの生き餌を使うと大型が掛かってきます。

 

この時に、普通に竿を三脚などに立てかけておくと、竿ごと海に持って行かれてしまうのです。

 

それくらい大型はパワーがあります。

 

なので、生き餌を使った大物狙いの時には、竿のお尻のところに尻手ロープを付けて、そのロープは端を結べるところがあれば結んでおきます。

 

何も結ぶものがなければ、氷や飲み物が入ってある程度重さのあるクーラーボックスに結んでおいても良いです。

 

ただ、弁当などの軽いものしか入っていないと、クーラーボックスまでも持って行かれてしまうので注意が必要です。

 

ぶっこみ釣りの生き餌狙いでは、こんな大型を狙えるのが魅力です。

 

このぶっこみ釣りだけだと確率が悪くなるので、サビキ釣りで数釣りを楽しみながら、同時に大型を狙うのが面白い釣り方になります。

トップへ戻る